HOME > 事務所だより > 職場の安全衛生管理【送検事例から学ぶチェックポイント】

事務所だより

職場の安全衛生管理
【送検事例から学ぶチェックポイント】

2017年9月号

送検された司法事件 ?!

平成28年4月から平成29年3月までの1年間に東京地方検察庁へ送検された司法事件は50件あり、労働基準法に関する違反が29件(うち労働時間・休日に関する違反7件)、労働安全衛生法に関する違反が21件(うち死亡災害を契機とした危険防止措置義務違反に関する違反12件)となっています。
また、平成27年度は63件の送検のうち、労働基準法関係違反が41件で、労働時間・休日に関する違反は19件、26年度は54件の送検のうち、労働基準法関係違反が31件で、労働時間・休日に関する違反は4件でした。なお、この年度では労災隠しについて11件が東京地方検察庁へ送検されています。
一方、長時間労働が心身に及ぼす影響と労災補償の関連をみると、平成28年度の「脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況」では支給決定件数が260件で、うち、時間外労働時間別(1ヶ月または2~6ヶ月における1ヶ月平均)支給決定件数は、「80時間以上~100時間未満」が106件と最も多く、「100時間以上」の合計件数は128件となっています。「精神障害に関する事案の労災補償状況」では支給決定件数は498件(自殺84件)で、 時間外労働時間別(1ヶ月平均)支給決定件数は、「20時間未満」が84件で最も多く、「160時間以上」が52件となっています。精神障害については、労働時間よりも、各種ハラスメントなどが要因となっているような結果となっています。


ページ上部へ