HOME > 社会保険・労働保険 > 「労働保険事務組合」「一人親方労災組合」の併設

「労働保険事務組合」「一人親方労災組合」の併設

事業主の方や家族従事者、個人事業者の方も労災保険の特別加入ができます。
定額会費で、大きなメリットを受けることができます。

詳細はお問合せフォームからお問合せください。

中小企業の経営者・事業主の皆様、建設業および運送事業を行う皆様(一人親方)へ

岩城労務管理事務所では、中小企業の経営者・個人事業の事業主の皆様に経営に専念していただくために、複雑多岐にわたる労働保険の事務手続を代行する「労働保険事務組合」と、労働者を使用しないで業務を行うことを常態とする、建設業および運送事業を行う方々(一人親方)のための「第二種特別加入団体」を併設しております。

「労働保険事務組合」「一人親方労災組合」の併設

① 労働保険事務組合「中小企業経営労務懇話会」とは

「労働保険事務組合」とは、中小事業主が行うべき労働保険(雇用保険、労災保険)の事務処理を行うことについて厚生労働大臣の認可を受けた中小企業主の団体です。
弊所が併設する団体名称は、『中小企業経営労務懇話会』です。

一般的に「労災保険」と言っていますが、正式には「労働者災害補償保険」と言われるように、労働者を対象とした保険ですので、企業の経営者・役員・事業主の皆様は対象外となっております。
しかし、労働保険事務組合のメリットの一つである「労災保険の特別加入制度」を有効にご活用いただくと、経営者の皆様方も労災保険の適用を受けることができ、安心して日々の業務に専念できるようになります。
更には、労働保険料の金額に関係なく三分割納付が認められていることもメリットの一つと言えます。

また、事業主や事務担当者の方が労働基準監督署、ハローワークに出向くことはありませんので、本来の業務の効率化が図られます。
労働保険事務組合でお手伝い出来ない給付案件などは、岩城労務管理事務所で承りますので、お気軽にお申し付けください。

■中小企業経営労務懇話会へ委託できる事務の範囲

  1. 1.概算保険料、確定保険料その他労働保険料及びこれに係る徴収金の申告・納付に関する事務
  2. 2.雇用保険の被保険者資格の取得及び喪失の届出、被保険者の転入及び転出の届出、その他雇用保険の被保険者の資格に関する届出等に関する事務
  3. 3.保険関係成立届、労災保険又は雇用保険の任意加入申請書、雇用保険の事業設置届等の提出に関する事務
  4. 4.石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の申告・納付に関する事務
  5. 5.労災保険の特別加入の申請等に関する事務
  6. 6.その他、労働保険についての申請、届出、報告等に関する事務

■中小企業経営労務懇話会の概要

認可年月
1973年12月
委託事業場数
543件(2012年10月現在)
特別加入者数
1,280名(2012年10月現在)
会長
岩城猪一郎
事務局長
岩井朗子
所在地
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目33-2
TEL 03-3428-1010 FAX 03-3428-2424
info@iwaki-pmo.co.jp

② 「一人親方労災組合」とは

「労働者災害補償保険法(以下、労災保険と略します)」は、本来、労働者の負傷・疾病・障害または死亡に対して保険給付をおこなう制度ですが、労働者以外の方のうち、その業務の実状、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の方に対して特別な任意加入を認めているのが、「特別加入制度」です。
弊所では、労働者を使用しないで業務を行うことを常態とする、建設業および運送事業を行う方々(一人親方)のために、第二種特別加入団体を併設いたしております。
なお、一人親方には、一人親方の配偶者および同居の親族も含まれます。

■「建設業経営労務協会」「ドライバー労災保険組合」とは

「建設業経営労務協会」とは
入会できる方は、建設業に従事される方々で、大工、電気工、タイル工、防水工、配管工、塗装工、左官、板金工、などが該当します。入会を希望される一人親方等については、業務の種類、業務の従事期間などによっては、事前に健康診断を受けていただく場合があります。
この健康診断の費用は国が負担することになっていますので、個人負担はありません。

「ドライバー労災保険組合」とは
入会できる方は、個人で業務を受託、あるいは取引先会社と請負契約を締結し、個人貨物運送事業を行う方、および個人タクシーの事業に従事する方などです。

詳しくは、弊所までお問い合わせください。

■労働者災害補償保険法(労災保険)の概要

Ⅰ. 労災保険の適用範囲

業務中(従事する業務と災害の因果関係が必要)、通勤途中に被災した場合に適用されます。
交通事故の場合は、車両保険と調整されます。
原則として、特別加入者の脳疾患・心疾患は適用除外となります。

Ⅱ. 労災保険の給付(抜粋)

☆療養(補償)給付
業務上(移動中を含む)、通勤途中の負傷・疾病に対し、無料で治癒するまで治療を受けることができます。
※ただし、基準外治療・入院時の差額ベッド代は除きます。
※また、満床を理由とした個室入院時の室料については対象となりません。

☆休業(補償)給付
療養のために業務に就くことができなかった場合、1日につき給付基礎日額の80%が支給されます。
※ただし、休業開始後最初の3日間は支給されません。

<計算例>給付基礎日額10,000円の方が療養のため、30日休業した場合
10,000円× 80% × 27日(30日-3日)= 216,000円

☆その他に障害(補償)給付、遺族(補償)給付、葬祭料(給付)、傷病(補償)年金、介護(補償)給付、または給付内容により特別支給金等があります。

「サービス」等に関する疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせこちらから

<三軒茶屋オフィス>
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1
キャロットタワー6F
Tel:03-3410-1010
Fax:03-3410-4864
E-Mail:info@iwaki-pmo.co.jp
<本社>
〒154-0017
東京都世田谷区世田谷1-33-2

ページ上部へ