HOME > 人事労務管理 > 各種適性検査の実施

各種適性検査の実施

人事制度の運用が、多様な「人」の認知能力やコミュニケーション能力に依存するものである以上、「人」にかかわる不確実性を完全に排除することはできません。
これらの不確実要素をうまく織り込んだ人事制度を設計するには、人を知るところから始まります。既存社員、新卒採用時に関わらず、社員の特性を見極め、適材適所を目的とした「人」の有効活用のお手伝いを致します。

社員の「パーソナリティ」を診断

「人」の性格はなんとなくわかるものですが、「時間の経過」「本人の慣れ、甘え」「企業の労務管理手法」などによって、思いもよらない「社員の特性」が見え隠れすることがあります。
また、採用選考の際に「どうしようか」と迷われたり、採用したもののすぐに辞められたりされたことはありませんか。「面接」という限られた時間の中で「人」そのものを判断することは、かなり困難だと思います。
岩城労務管理事務所では、採用・現有社員用の人材・組織診断システム「CUBIC」を活用し、就職希望者の「特性」を診断し、また貴社の「今」を診断し、さらに求められる「人財」「組織」にするための対策をご提案いたします。

適性検査という+αの考課要素により、管理者が社員のパーソナリティを把握できます、採用時に側面的なデータを完備することができます、

<参考>診断の参考例

【参考】
検査時間は約15分結果は当日中にお知らせできます。

■ 個人特性分析結果と実務的な相関-
◇予測推定値
 適応業務についてパターンを明示します。
◇当人の傾向(希望)分析
 勤務形態、組織対応評価。
◇大まかな職業興味領域と方向性
 職務分類における最適性を明示します。
◇配置適性
 適性の高い職務、低い職務ごとのランキングを表示します。

採用判定資料の作成社員の定着支援処遇の適正化

企業の人件費の枠組みは決定されているが、それを各社員にどう配分するのか、それを勤続年数と年齢で一律に決定するのでは誰も努力はしません。
貴社の場合、どのようなシステムにすると社員の能力を引き出すのでしょうか。貴意に添った最適なシステムを調査・企画したうえで、運用上の支援をいたします。

コンピテンシーとは

コンピテンシー〝コンピテンシー〟とは、社内で高い業績を上げている社員のノウハウ、技術等を細かに分析し、何がその人を『仕事のできる社員』にしているのかを明らかにしたものです。
そして、この「コンピテンシー」を、社内の行動基準や評価基準に活用することで、社員全員の行動の質を上げていこうというものです。さまざまな場面でコンピテンシーが活用できます。

コンピテンシーの目的と効果

社員の『行動』を飛躍的に変革させることです。コンピテンシーの考え方は、それぞれの会社に2割程度いるといわれる“できる社員”にスポットを当て、他の8割の社員をすべて“できる社員”に育てようとするものです。
コンピテンシー導入に関するお問合せ先 info@iwaki-pmo.co.jp

コンピテンシーの目的と効果

コンピテンシーを導入すると

『コンピテンシー』は、《仕事ができる社員の行動特性》や、《成果を生む行動特性》などと訳され、仕事ができる社員の行動志向や行動特性を分析し、改善活用することによって会社を変えようという人事システムです。
会社が熾烈な競争時代を勝ち抜いていくためには、いかにして現状を変革し、生産性を高め、売上をさらに伸ばし、利益を上げることができるかがポイントです。
それでは、どうしたら良いのでしょうか。それは、現状打破に挑戦する勇気です。
コンピテンシーを導入することによって《仕事ができる社員づくり》に挑戦してみませんか。

コンピテンシーを導入すると

「サービス」等に関する疑問・質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせこちらから
ページ上部へ